手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
被災した方に、少しでも役立つ情報を発信したいという思いで、
今回は母乳の話。

被災後、救助を待っているお母さん。
そして避難所で生活しているお母さん。

ストレスで母乳は出なくなっている。
食べ物が十分でないから母乳の栄養も十分ではない。

そんな風に考えてしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、
それは違います。

ストレスで母乳が出なくなるのは一時的なもの。
赤ちゃんをギューッと抱きしめ、赤ちゃんのぬくもりを感じてみてください。
すぐまた母乳が出てくるようになります。

それから、母親が栄養のあるものを食べられないからといって
母乳の栄養までもが変わることはありません。
自信を持って母乳をあげてください。

私は息子が8ヶ月のころまで、
母乳のことをあれこれ調べ、勉強し、そして実践しました。
そんな日々の中、いかに母乳がすばらしいかを学びました。

特に被災地では、母乳がベスト。

でも、どうしても母乳が出ないという方もほんの少数ですが、
中にはいらっしゃるそうです。
そんな方はぜひ、計量カップと計量スプーンでミルクを。

哺乳瓶は汚れが付着しやすいので、消毒・洗浄が必須ですが、
カップなら、洗うのも簡単です。
最悪、洗うための水がなくても、ハンカチやティッシュで汚れをふきとればいい。

最後に。
私がお世話になった小児科の先生からきいた話ですが、
男の方でも母乳が出る人がいるのだそうです。

男の人はもちろん、子どもを産めません。
それでも母乳で子どもを育てた人がいる。
お母さんは女で、子どもを産んだ。
ほぼ確実に母乳は出る。

「おっぱい」は体と心の両方に栄養を与えてくれるものです。
いろいろな事情で完全ミルクで育てている方もいらっしゃるでしょう。
でも、もし母乳で育てたかったのに、あきらめてしまったという人がいるなら、
「おっぱいさがし」でのスキンシップだけでも試してみてください。
心の栄養をたっぷり与えることができますよ。

↓「おっぱいさがし」についてはこちらの記事を。
おっぱいさがしとカップ(母乳で育てたい 10)

↓母乳マッサージで毎回数千円払わなければならなくなる前に。

お世話になった小児科医にすすめられた本です。
図書館にも置いてあると思います。
(2011年3月20日作成記事)
 
スポンサーサイト
子どもって、なんだかわからないけど、
こわがったりイヤがったりするモノってありません?

うちの息子(3歳8ヶ月)は最近、
トイレで何かがコワイ様子。
明るければ一人で入るのですが、
出てくるとき、なぜか目を閉じて出てくる。

「なんで目を閉じるの?」
ときいたら、びっくりな答え。

さて、問題です。
我が家のトイレ、いったい何がこわいのでしょう?
20110310toilet_1.jpg

答えは広告の下にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓「やったね」いないいないばあっ!コース

↑クリックすると中央あたりにワンワンのバナーがありますので、そちらを見てください☆

NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材


ところで。

かわいい孫にカブトや鯉のぼりを買ってあげようと思っている
やさしいおじいちゃん、おばあちゃん♪

ものすごく大きいもの、ものすごく高いものが
喜ばれるとは限りません☆

どんな家に住んでいて、どのくらいの大きさなら
飾ったり片付けたりが面倒でないか。

できれば息子さん・娘さんに相談・確認してから注文するようにしてください☆

五月人形や鯉のぼり自体は比較的小さなものにして、
上記のような幼児向け教材をプラスするというのも喜ばれるのでは?

かわいいケーキも喜ばれるかと。
こだわり素材のスイーツ「菓子工房こいづみ」↓

↑キティやリラックマ、モノクロブーのケーキ、 訳ありチーズケーキバーに訳ありスイートポテトバー♪
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは驚きの答え。

20110310toilet_2.jpg

わかります?
ピンクで○をつけたところ。
なんと、お化けの目と口に見えるそうです。

いわれてみれば、目をつりあげて、
怒っているような感じしますよね。

子どもがイヤがったりこわがったりするとき、
その子なりの理由があるものなんですね。

小さければ小さいほど、
言葉でうまく説明することができず、
ただただ泣くということもあるでしょう。

子どもの不安や恐怖、嫌悪感。
そういったものもはねつけることなく、
余裕のある心で、受け止めてあげたいですね。

(2011年3月11日作成記事)
 
ラキューでヘリコプターの記事で、
買うと書きましたスーパードーザー。

2011年1月28日に届き、息子は大喜び。
1ヶ月たった今も、毎日一度は遊んでます。

相当気に入っているので、
購入しようか検討中の方の参考になればと、
紹介記事を書くことにしました。

で。
こちらが届いたスーパードーザー。
20110128_1.jpg
このまま届いたわけではなく、
大きな段ボールに梱包材とともに入れられてました。

早く開けたいという息子に「ちょっと待って」
とお願いし、未開封状態でパシャリ☆

喜びの表情も一緒にパシャリ☆
20110128_2.jpg

で、開封後。
「乱暴にしたら壊れちゃうからね!」と言い聞かせた甲斐あり、
慎重に操縦しています。
20110128_3.jpg

方向転換・前進とバックも成功。
20110128_4.jpg

さらに、ブレードを上下に動かせることに気付き、大興奮♪
20110128_5.jpg

ただ、基本的にはリモコンではなく、手で直接動かしています。
リモコン操作するのは1週間に1度くらいかな?

手で動かしたりしたら、
あっという間に壊れるんじゃないかと心配しましたが、
今のところ大丈夫です。
息子なりに、壊さないように気を付けているのでしょう。

ちなみに、どこで購入したかというと、アマゾン。
送料まで含めて考え、最安値のアマゾンで購入しました。
ショベルとフォークリフトもレビューをみるとなかなか好評のようですね。

とにかく我が家では、
ブロック以外でのオススメおもちゃベスト3に入ります。
エンジン音なども迫力ありますよ。
車好きな男の子なら、間違いなく喜ぶのではないかと思います☆


(2011年3月2日 作成記事)



  
R/CスーパードーザーとR/CスーパーショベルとR/Cフォークリフト。
迷った末、一番左のスーパードーザーに決めました。
2歳から3歳半くらいまで、息子はとにかく夜ふかし魔だった。
はやくても23:30、遅いと2:00まで起きている。

どうにか早く寝せたいと、朝早く起こすとか、
お昼寝を早めるとか、いっそなくさせるとか、
あれこれやっていたが、全然ダメだった。

朝早く起こすと機嫌が悪く、結局また寝てしまい、ますます遅くなる。
お昼寝を早めようとしても、そんなはやくに寝てくれない。
お昼寝なしで20:00に寝せると、22:00に起きてしまい、
その後1:00過ぎるまで全然寝ない。

その息子がここ1ヶ月くらい、はやいと20:30、
遅くても22:00くらいには寝るようになった。
理由は・・・お風呂を早めたこと!

2、3年前に読んだ育児の本に、書いてあったんですよね。
「お風呂に入ると身体が温まり、活動的になって眠れなくなる」って。
でも私はお風呂に入ると眠たくなる人間。
そんなバカなって思っていたんです。

でも、どうにも手立てがなくなって試してみる気に。

で。
できるだけ17:00くらいにお風呂をするようにしてみたところ・・・
21:00に寝て、朝8:30くらいに起きるように!

たくさん遊んで、16:00頃に眠くなっちゃったときは、
お昼寝させずにそのまま入浴。
すると目が覚めて、17:00くらいに夕飯。
その後も19:00くらいまでは起きててくれます。

たとえ早く寝過ぎて、途中で起きてしまっても、
前と違って、すぐに寝かしつけることが可能。
なんてすばらしい!

それでも普通の家より遅めだということはわかっていますが、
以前に比べたら、ずっと早寝早起き!

前は3時間以上かかることもあり、大変だった寝かしつけ。
最近は、10分くらいで寝てくれるので、
「今夜はどの本を読んであげようかな?」と
ゆとりある心で寝かせることができます☆

もし、子どもの夜更かしで困っているママさんがいましたら、
早めの入浴作戦、ぜひ、試してみてください♪

(2011年2月23日作成記事)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓ブルーナ関連絵本・ブルーナ関連DVDなど
うさこちゃん☆いろいろ

↓こぐまちゃん関連絵本・こぐまちゃん関連CD・こぐまちゃん関連雑貨など
こぐまちゃん☆いろいろ

↓トーマス関連絵本・トーマス関連おもちゃ・トーマス関連文具など
トーマス☆いろいろ

↓ノンタン関連絵本・ノンタン関連DVD・ノンタン関連おもちゃなど
ノンタン☆いろいろ

↓バーバパパ関連絵本など
バーバパパ☆いろいろ

↓元永定正の絵本など
絵本☆いろいろ
  
私の息子は肥厚性幽門狭窄症のため、
8ヶ月になるまで体重が5kgを超えず、
首もすわらなかった。
(「すくすく くすのき~育児でものづくり~母乳育児参照)

そのため8ヶ月になるまで、
遊びといえば、ひたすら絵本を読んであげていた。

その絵本の中で、もっとも多く読んだのが「カニツンツン」。



元永定正が絵を、金関寿夫が文を担当している。

様々な民族の言葉と、創作の言葉を
コラージュ風に並べたテキスト。
そして鮮やかな色彩の楽しい絵。
言葉の様々な響きと
歌い、踊り、笑うような色と形があふれる絵本。

この絵本を読んであげるとき、
息子の反応があまりにいい。
目は確かに絵を追い、
口をパクパクモグモグ動かしながら聞き、
ときどきニヤリと笑う。
するとこちらも嬉しくなり、
何度も何度も繰り返し読んだ。

初めて読んだのがいつだったのかは忘れたが、
息子が生後3ヶ月のときには、
私は全文をソラで言えるようになっていた。

おっぱいの飲みが悪いときも、
この絵本のフレーズを口にすると飲んでくれることがあった。
おむつ替えや歯磨きをイヤがったときも、
「カニツンツン ビーツンツン ツンツンツンツン♪」
と言って息子の身体をつんつんしながらやってみると、
うまくいくことが多かった。

とにかく、絵を学びながら育児をしている
元国語科教師としては一押しの絵本。
まだ読んでない人は、一度読んでみてはいかがでしょう。



↓元永定正の絵本はとりあえずこちらにまとめてみました。
絵本☆いろいろ

↓ブルーナ関連絵本・ブルーナ関連DVDなど
うさこちゃん☆いろいろ

↓こぐまちゃん関連絵本・こぐまちゃん関連CD・こぐまちゃん関連雑貨など
こぐまちゃん☆いろいろ

↓トーマス関連絵本・トーマス関連おもちゃ・トーマス関連文具など
トーマス☆いろいろ

↓ノンタン関連絵本・ノンタン関連DVD・ノンタン関連おもちゃなど
ノンタン☆いろいろ

↓バーバパパ関連絵本など
バーバパパ☆いろいろ