手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
2011年3月中旬(息子は3歳9ヶ月)。
雑誌にかわいいイラストがついていたので、
「切り取って、のりでシールみたいにはってみる?」
と提案。

すると、「美術展する♪」という返事。

なんのことだろうと思っていると・・・

20110315_02.jpg
美術展の搬入作業!

会場を描いて、絵をつるす紐を描いて、カチッととめるのも描いて、
一枚一枚、どこに展示するか悩みながら貼っていきました。

私の展示会の搬入に連れていったとき、
展示の仕方までしっかり見ていたんだなぁと感動。

ところで黄色い服の手は・・・

20110315_01.jpg
のび太くんですって。

この日はメガネはかけていないようです。

20110315_00.jpg
ちなみにドラえもんは裏に描かれています。

四つ葉のクローバーとハートを持っているところがなんともいえません。
 
スポンサーサイト
2011年3月21日の夜、息子のほっぺを見ていたら、
たまらなくなってしまった私。

「ここになんか描いちゃおっかなぁ?」
とふざけて言ってみたところ、
「描いて!」
とノリノリ。

「早く描いて。描いて、描いて!」
とおさまらないので、
じゃあ、ちょっとだけと星を描いてあげました。
20110321_body00.jpg

すると。

「今度はボクの番!」
と鼻息荒く、私の顔にペンを向ける息子。

仕方ないので左手だけ描くことを許可したところ、
このような作品が。
20110321_body01.jpg

手の甲だけの予定が、
腕まくりまでさせられてかなり広範囲に描かれました。

で、母の手にスペースがなくなると、今度は自らの手に。
20110321_body04.jpg

20110321_body05.jpg

20110321_body06.jpg

ものすごく真剣に、口をとんがらせてよだれをたらしつつ、
制作に励んでいましたよ。

お風呂に入る前だからこそできた遊びかもしれませんが、
子どもが小さなうちに、ぜひ一度、お試しください☆
 
2011年3月8日、息子(3歳7ヶ月)が突然こう言いました。
「そうだ、忘れてた。
 ロボットを作らないといけないんだった」

というわけで。
牛乳パックでロボットを作ることに。

☆用意するもの
・紙と鉛筆(設計図を描く)
・牛乳パック8個くらい
・ビニールテープ
・糸とバッグ・クロージャー(手・足の接続)

「で、どんなロボットをつくるの?」ときくと、
「牛乳パックでつくるんだお。ちょっと待って、描くから」という返事。

しばらく待ってできた設計図がこちら。
20110308_01.jpg

で、牛乳パックを8個使ってできあがったロボットがこちらです。
20110308_02.jpg
どどん。

一番上が顔かと思ったのですが、
一番上は帽子だそうです。

20110308_03.jpg
後ろはこう。
尻尾付き。

このロボットのすごいところの一つ。
なんと、座れるんです。
20110308_05.jpg

20110308_06.jpg
後ろから。

で、もう一つのすごいところはこれ。
「ロボット君!」と呼ぶと・・・
20110308_04.jpg
「はい!」
手をあげて答えてくれます。

制作はほとんど息子がしました。

ただし、牛乳パックを切るのは難しいので、
切りたいところに印をつけてもらってから、
私が切りました。

それから、手や足の接続部分ですが、
息子がつけたテープだと外れやすかったんです。
そこで目打ちで穴をあけ、糸とバッグ・クロージャーを使って
私がつなげなおしました。

20110308_07.jpg
ときにはトンネルとして、
ときには車庫としても利用可能なロボット。

みなさんもつくってみてはいかがでしょうか?
  
しまじろう」の番組で紹介されていたエコ楽器。
これは楽しいということで、つくってみました。

本日はプラスチックのスプーンでつくった音の出るおもちゃのご紹介。

つくったのは2011年2月23日(息子は3歳8ヶ月)。

☆用意するもの
プラスチックのスプーン
輪ゴム

まず、プラスチックのスプーン2本と輪ゴム3つを用意。
20110223_spoon_1.jpg

折れないように気をつけながら、スプーンを2本ともすこし曲げておく。
20110223_spoon_2.jpg
ちなみにこれは息子による撮影画像。

2本を向き合わせにして輪ゴムでとめて、
20110223_spoon_3.jpg
完成☆

さっそく演奏☆
20110223_spoon_4.jpg

演奏しながら熱唱中の息子。
20110223_spoon_5.jpg
かなり激しかったです。

簡単につくれて、とても楽しい楽器でした♪
しまじろう」の番組で紹介されていたエコ楽器。
これは楽しいということで、つくってみました。

本日は卵のパックでつくった音の出るおもちゃのご紹介。

つくったのは2011年2月23日(息子は3歳8ヶ月)。

☆用意するもの
卵のパック
鈴や紙、アルミホイルなど
テープ

まずは卵パックを用意。
20110223_tamago_1.jpg

それから、中に入れるものとして、
20110223_tamago_2.jpg
我が家は例によってバッグ・クロージャーを選びました。

で、パックの中に
20110223_tamago_3.jpg
バッグ・クロージャーを入れて、

まわりをテープでとめていきます。
20110223_tamago_4.jpg

紙を丸めたものでも作ってみることに。
20110223_tamago_5.jpg

完成!
20110223_tamago_6.jpg

さっそく演奏。
20110223_tamago_7.jpg

ノリノリでした♪
20110223_tamago_8.jpg