手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは、アメブロの方で運営していた「ぽん!~国語の勉強法あれこれ~」というブログからの移行記事です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「係り結びの法則」って、知ってる?
きっと、名前くらいは聞いたことあるよね。

文中に係助詞があると、その影響で文末が終止形でなくなることがある。
「ぞ・なむ・や・か」のときは、文末は連体形になる。
「こそ」のときは、文末は已然形になる。

ゴロよく、
なむ ぞ や か レタ こそ イゼン
          (連体)    (已然)
と覚えるといいよ。

ただし、係助詞はこの「ぞ・なむ・や・か・こそ」の5つだけではない。
「は」と「も」という係助詞もある。
この「は」「も」も、文末に影響は与えているんだけど、
形を変えるほどの力はないんだ。

係助詞には文末に影響を与えて、その形を変えるものと変えないものとある
これがまず押さえておきたいポイントその1。

続いてポイントその2。
聞いたことあるかな?
結びのない三用法ってやつ。

一つは結びの省略
もう一つは結びの流れ(結びの消失)。
最後の一つは文末強調の終助詞的用法

以上のことを含めて、係助詞についてまとめたプリントがあるよ。
参考にしてね。
係助詞のプリント



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
  
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/101-4d28484c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。