手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
絵を描く人はなぜ、描くのか。
文を綴る人はなぜ綴るのか。
歌を歌う人はなぜ歌うのか。
楽器を奏でる人はなぜ奏でるのか。
演じる人はなぜ演じるのか。
つくる人はなぜつくるのか。

それは人それぞれ、そのときどき、理由があるに違いない。

ただ、私に関して言えば、そうせずにいることは、
ものすごく物足りないということ。

だから、ほとんど絵を描かないでいた22、3歳から32、3歳までの10年くらい。
教育とか、文学とか、やりがいのある仕事には携わっていたけど、
生徒が描くところをみるたびに、非常にむずむずしていた。
でも、描き始めたらとまらなくなることは目に見えていたので、
描かないように、描かないようにしていた。

たとえるなら。
なんだか背中がかゆくて、
かいてみるんだけども、
実際かゆいのは背中じゃなくて。
いろいろなところをかきまくって、
はたと気付く。

ああ、腕がかゆいんだ!

でもそこは以前虫に刺されてかきこわして、
それがまだかさぶたになりきってなくて、
今、かいたら、また出血したり、化膿したりそうな、
そんな状態。

だからかけなくて、でもかゆくて、
うーん、うーん、
って感じ。

それが、別海での恩師や武蔵美でご指導いただいた先生方との出会いにより、
一心不乱にかこうと決意したときのあの解放感!

いざかきはじめると、ああ、そうそう、ここ、ここ。
ここがかきたかったのよ、という充足感!!

というわけで、10年近く、筆をおいていた私ですが、
改めて描くようになり、非常に満たされております。

でね。
もちろん、10年ブランクをおかずに描き続けても得るものは大きかったろうと思うけれど、
10年ブランクをおいて、別の経験を積んだからこそ得たものも大きい。
そして確かにいえることは、今、この時代は、描く者としてはものすごく便利な世の中だということ。
というのは、今は高い場所代を払って個展を開かなくても、
HPやブログを通して、たくさんの人に作品を知ってもらうことができる!

すくなくとも10年前はまだ、こんなに普及してなかったですよね、ネット。

そしてそれは、絵だけではなく、歌でも同じようです。
どうにも音痴な私ですが、きくのは好きなので、
訪問先のサイトなりブログなりで、
自作と思われる歌の動画が貼り付けられていると、
一応聴くようにしています。
すると、全部聴かずにやめることになる場合ももちろんありますが、
「お。」とか「おお!」とか、小なり大なり、感動を得、
他の歌も全部きいちゃうケースもあります。

たとえば。
たっつんFさんのor-musicというブログ。

私は、音楽について語れるような知識も何ももっていませんが、
たっつんFさんの歌は、なんだか非常に気になるのです。
その不安定な感じにも引っかかってしまう要因があるのでしょう。

きっと未完成、というより、実験中の音楽。

そんな感じがします。

特に「葵」では、前髪も気になって気になって。(笑)
目がね、見えそうで見えない、そのじれったさが、
歌の不安定さと見事にマッチしていて、
歌詞もまた不安定なもんだから、
また気になって気になって。
3回ほど聴きました。
きっとまた、聴きかえしにいくと思います。


それからもうおひとかた。
独りバンドプロジェクトの林 洋平さん。

こちらはむしろ、完成した形が魅力の歌です。
特に「中央線に乗り遅れたうた」にはやられたって感じ。
思い切りツボでした。
その他の歌もとても味わい深いので、興味のある方はぜひ。
ただ、第4弾でとまっているというのが残念です。
いろいろお忙しいとは思いますが、
ぜひぜひ、年に1曲は追加していってもらいたい感じです。


番外編でさらにもうおひとかた、ご紹介。
The Ponchiesのつばもとさん。
OL時代、仕事つながりで、義理で聴きにいったライブ。
でも、出だしの演奏きいただけで、すっかりファンになってしまいました。
なんかね、力を感じさせるバンドだったんです。
サイトの掲示板は更新されなくなっているようですが、
お元気で活動を続けているのかしら???
CDつくったら購入する気、まだまだあるのですが。

とりあえず、今回の語りと紹介はここまで。
字ばかり長々と失礼しました。
読むの大変かもしれませんが、またたまに、
語ったり、紹介したりさせていただこうと思います☆

あ。
私の恩師の絵、売り出されてるようです。
http://www.kotakebijyutu.com/syouhinnsyousai/aburae/aburae-14.html
やっぱりすごい。
「ぎりぎり」に迫っている作品。
これが3万円だなんて、どうかしてます。
30万円だって安い。
・・・てか、値段なんてつけられない。
そう思います。

さあ、私も私の「ぎりぎり」目指して、頑張らないと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
みちこさんの、絵に対する情熱、たっぷり伝わってきました。
どこまでも、どこまでも、納得のいくまで突き進んで行かれるのでしょうね。
絵もブログも、楽しみに拝見させていただきます。
2012/10/24(水) 11:12 | URL | はあとちゃくら #-[ 編集]
ありがとうございます。
一度は筆を置いた身。
もう、二度と離しません!
どんなに忙しくても、
1日1本、線を描くくらいはできますからね。
生涯一画学生として、
日々、精進していきます☆
2012/10/24(水) 13:44 | URL | みちこ #-[ 編集]
>みちこさん

紹介して頂き、ありがとうございます!

ネットでいろんな方に聴いて頂けたり、

知ってもらえたり、今更ながら不思議な

感覚です。。

これからも曲作っていくと思いますが、

温かい目でみてやって下さい!

再び、筆をとった、みちこさんの絵、

これからも楽しみにしてます(^-^)

PS:僕も林さんの「中央線に乗り遅れたうた」ツボでした!(^^)!
2012/10/24(水) 23:14 | URL | たっつんF #-[ 編集]
こちらこそ、コメントありがとうございます。
お互い、ネットをいい形で利用して、
作品を発表していきましょう☆
次の作品も楽しみにしてます!
2012/10/30(火) 06:03 | URL | みちこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/1105-84f845b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック