手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が進学したのは美術大学ではない。
文学部国文学科である。
そこで、よくいわれていたことが作家の3大条件。

その1 出生の不幸
その2 大病
その3 大失恋の経験

この話になるたび、私は第1条件をクリアしていることに、
ほくそえんでいた。
「そうだ、私が親に恵まれなかったのは、
 いずれ作家として名を立てるためなのかも♪」

 
 
 
親に恵まれなかった。

・・・といっても、私の場合、
衣食住はきちんと整えてもらったし、
大学まで出してもらった。
殴る蹴るの暴力を受けたわけでもない。
そういった意味では、恵まれていたというべきか。

しかし、小学生の頃から父の借金に苦しむ母の姿を見せられ続け、
中学生の頃に母から離婚話を切り出され、
高校生の頃には、夜中、母が酒を飲んではトイレで吐くその音を
毎晩のように聞いてすごした。
そして20歳の頃に、改めて父の莫大な借金が明らかとなり、
知らないところで私に生命保険がかけられていたことが判明。
保険金目当てに殺されるんじゃないかとびくびくしながらやりすごした日々もあった。
直後、両親は離婚したが、借金取りからの電話は2年経ってもまだかかってきた。
その頃は、電話の音がものすごく恐ろしいものに聞こえていた。

こんな風に書くと、父親に恵まれなかったのか、と思われるかもしれない。
しかしそうではない。
むしろ恵まれなかったのは母の方。
母は、私が茨城県の教員採用試験に現役受験で落ちたとき、
いかにも失望した様子でこう言った。

「なんだ、お前も大したことないんだな」

そんな母だから、父も借金を繰り返すような、そんなことになったのだろう。


まあ、私が20歳のあの頃は、バブルがちょうどはじけたとき。
親の借金問題に巻き込まれたのは私だけではなかった。
ある女友だちの母親は蒸発し、
ある男友だちの父親は儲け話にのって大損。
その男友だちは、
「俺の専門分野で、大損して借金するなんて、シャレにならない」
といい、
「女の君が何一つ顔に出さずに普通にしているのに、
 男のオレが弱音を吐いて情けない」
と言っていた。
女友だちは、私の家の借金の額をきき、
「ま、負けた・・・」
と笑ってくれた。

私が事故で命を落とせば、少しは借金返済の足しになるのか、
なんてことも考えたあの頃。
それでも私は前を向き、生き続けることを選んだ。


そして今。
幸も不幸も、苦も楽も、
私は描くことで昇華しようとしている。

kizashi_20130113.jpg

でもね、父を受け入れない母一人をひどいと考えていた私ですが、
いざ結婚というものをしてみてわかったこと。
たとえ結婚した相手であっても、受け入れられないものはある。(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
人それぞれ、人生の課題があるのですね。それを昇華される人、それを誰かの所為にして逃げる人。

・・・私は、2と3があてはまるかも?・・・と、思いましたが、きっと、まだまだ生ぬるいのだと思います。・・・修行が足りないなぁ・・・と思いました。
2013/01/14(月) 10:17 | URL | はあとちゃくら #-[ 編集]
体調、大丈夫ですか。
お子様もいらっしゃるから大変ですよね。
少しよくなったようで、良かった^^

本当、健康じゃないと何もできないですよね^^;
2013/01/14(月) 17:12 | URL | くれよん #-[ 編集]
その人の作品は、その人の魂がやどった

ものだから、きっと掴まれたような感覚

を受けるんだと思います
2013/01/15(火) 01:54 | URL | たっつんF #-[ 編集]
2と3!
2の方はブログからわかりますが、
3の方、気になります♪
実は私も3あり☆
いつの日か、語り合いたいです♪♪♪
2013/01/21(月) 10:03 | URL | みちこ #-[ 編集]
ありがとうございます。
もう大丈夫です☆
でも今回、息子、一人でもくもくと遊んでくれたばかりか、
熱さましのシートを切って貼ってくれるなど、
いろいろ看病してくれたんです。
すごく嬉しかった☆
でも、一年でもっとも忙しい年度末。
もう寝込むことのないよう、気をつけます!
2013/01/21(月) 10:07 | URL | みちこ #-[ 編集]
魂が宿る作品。
描きたいですね。
精進します!
2013/01/21(月) 10:08 | URL | みちこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/1209-657f48e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。