手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
↓届きました。
20150608_shimenoyuki_01.jpg

ブログを通して知り合い、
私が毎年出品している展示会に足を運んでくださったり、
消しゴムはんこや飛び出すカードのオーダーくださったり、
息子に、くもんのおはなしコンクールへの応募をすすめてくださったり。
ブログやフェイスブックでの交流もあるせいか、
まだ数年のお付き合いとは思えないほど、
濃く、身近に感じさせていただいてる茜紫さん≒しめのゆきさん。
・・・の、児童文学作家としてのデビュー作。
もう、発売前から気になって気になって。
どうやらアマゾンで予約される方が多いようでしたので、


私は楽天で注文させていただきました☆

美雨13歳のしあわせレシピ [ しめのゆき ]

価格:1,512円
(2015/6/8 13:27時点)
感想(0件)



で、昨日。
さっそく、第1章の2のところ、28ページまで、読みました。
って、読むペース、遅いって思いますよね?
実は、音読で読んでるんです。
そう、息子への読み聞かせ!
息子、私が音読してる間、かなり真剣に聞き入っていて、
お母さんが帰ってくるのかどうか、すごく心配しています。

茜紫さんの作品を、息子に読み聞かせるのは結構前からやっていました。
ティアラちゃんシリーズが最初でしたね。
20150608_shimenoyuki_02.jpg

あとは、文芸同人誌「栞」の作品群。
20150608_shimenoyuki_03.jpg

実は私も、20代の頃に「言語同壇」という同人を作り、
「誌面楚歌」という同人誌を数回、出していました。
でも、国語&書道科教員になって、
絵の勉強に力を入れ始めて退職して、
美術公募団体に出品するようになり、
会友になり準会員になり、
その間に子どもがうまれ、子育てに追われ、
文章の方までは手がまわらずにいましたが、
息子がくもんのコンクールで受賞したこと、
茜紫さんたちの「栞」を読んだことなど、
刺激を受けまして、先月、久しぶりに一点、お話を書いてみました。
イチかバチか、コンクールに出して、結果待ちです。
ダメだったら、自分で絵をつけて、アトリエで展示しようかなと思っています♪

今まだ10代の人で、本が好きな人、
20代で、小説家の夢を諦めきれずにいる人、
30代で、もう作家にはなれないと決めつけてしまっている人、
40代で、何か書きたいけど、どうしたらいいかわからない人。
世の中には、物語好きな、いろいろな人がいるはず。
美雨13歳のしあわせレシピ (teens’ best selections 37)は、
子どもも大人も、
新しい一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。
まだ読み始めたばかりですが、
ページに散りばめられた言葉の一つ一つが、
そんなニオイをぷんぷんさせています。
書店で見かけたら、ぜひ、手に取ってみてください☆

以上、とりあえずは読み始めましたという報告でした。
読み終えたらまた、記事にしたいと思います♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きゃ~~~~♡ みちこさま、拙著をこんな素敵なご紹介で、とりあげてくださって、ほんとうにどうもありがとうございます。
ご購入いただけただけでも感激なのに、リアルタイムレビュー!!
息子ちゃんに読んでくださってるなんて、すごすぎます(@_@;) 中学生用のお話なのに! でも彼ならきっと、大丈夫だと私も思います^^
消しゴムハンコも二代目になって(笑)相変わらず私の名刺として、あちこちに渡っています。いつもありがとうございます!!
ご感想をお聞かせいただける日を楽しみにしております<(_ _)>
2015/06/08(月) 14:41 | URL | 茜紫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/1706-dee01057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック