手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの息子、漢字が大好きで、
国語辞書も漢語辞書も、かなりスムーズに使えるようになっています。
一方、算数の方は通信添削を続けておりまして、
そちらではすでに小数の計算に入っています。

でもね。
やはり学校の勉強が最優先!
学校の授業に合った学習もしないとね♪

・・・ということで、新学習指導要領に完全対応してるという
株式会社新興出版社啓林館ドリルの王様 漢字・計算をやってみることに。
moni_20150808.jpg
新興出版社啓林館・文研出版のページファンサイト参加中




漢字ドリルの方は、目次からわかりますように、
画数で分かれています♪
moni_20150903_kokugo_00.jpg
なるほどー。
だんだん、難しい漢字になっていくというのは、
子どもたちの達成感にもつながって、
とてもよさそう☆

ただ、我が家の場合、学びたいものから学ぶというルールがあり、
息子が選んだのは「遠」の字。
moni_20150903_kokugo_01.jpg
繰り返し学ばせたいので、
直接書き込みはさせず、
他の紙に、書かせています。

このドリルでは、まず、左のページでそれぞれの漢字の
下記順や音読み&訓読みを確認、学習させ、
moni_20150903_kokugo_02.jpg

その後、そのページの裏、つまり、ページをめくった右のページで、
テストに挑戦させる形。
moni_20150903_kokugo_03.jpg

わからなかったら1ページ戻って確認でき、
とても学習しやすくつくってあるなと思います。

また、ドリルの後ろについている漢字一覧もありがたい☆
moni_20150903_kokugo_04.jpg

裏にはよみかたが一覧になっているので、これまた確認しやすい♪
moni_20150903_kokugo_05.jpg

算数の方はというと、ただ計算させるだけではなく、
「6」になる掛け算や、「16」になる掛け算を答えさせる問題なんかもあり、
機械的な問題になっていないところがいいと思いました。
moni_20150903_sansu_01.jpg

算数のドリルの後ろには九九の表がついています。
moni_20150903_sansu_02.jpg

表の使い方まで丁寧に説明されていて、
とてもよい付録だと思います。
本文だけで終わらせず、
ぜひぜひ、この付録の表も、しっかり学習させたいと思いました。

そうそう、ありがたいことに、九九の言い方も一覧になっています。
moni_20150903_sansu_03.jpg
寝る前の布団の中で、子どもと一緒に読んだら、楽しく覚えてくれそう♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/1730-29a9b85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。