手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年の1月15日前後、
1歳7ヶ月の息子が高熱を出したときのことを書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その日、いつもよりなんとなく元気がないかなぁ?
・・・と思ったのは、息子があまり立とうとしないせい。
座って遊んでばかりいるのです。

うるさいくらいのおしゃべりもその日はなく、そんな息子をみた主人も
「ちょっと調子悪いんじゃないか?」と言い出しました。

そこで額に手を当ててみると・・・
ものすごく熱い!
額だけでなく、首のまわり、脇の下やおなかも、
熱がぱんぱんにあふれているような感じの熱さです。
体温計ではかってみたところ、39度をこえてました。

すぐに近所の病院(徒歩3分くらい)に連れて行き、
インフルエンザの検査をすると、陽性。
タミフルを処方されました。

「ちょっと苦いから飲みづらいかもしれないから、何かに混ぜて」
と言われていたので、ご飯の中に入れて食べさせようとしましたが、
顔をしかめて、吐き出してしまいました。

ご飯がダメだったので、ヤクルトやバニラアイスに混ぜて飲ませようとしましたが、
考えられないくらいマズかったようで、
大きく顔を歪めて、うなり声をあげて吐き出しました。

で、その後はすっかり疑り深くなり、
何に一つ口に入れてくれなくなり・・・
そこではじめて、タミフルをネットで検索。
ヤクルト系の飲み物とバニラアイスが一番マズイという情報発見。
ものすごく苦くなってしまうのだそうです。

何も口にしてくれないのも困るので、
しばらく薬はあきらめ、
「ほら、今度は何も混ぜてないよ、大丈夫だよ、苦くないよ」
と繰り返し言って聞かせ、なんとか梅干しご飯と水は口にしてくれるように。

でも、薬を飲んでくれないので、熱は下がりません。
翌日、病院でタミフルを飲んでくれない話をすると、
「薬を飲まないんじゃ、熱は下がりませんよ」
と言われてしまいました。

そんなに苦い薬なら、飲ませ方を教えてくれてもよかったんじゃ???
と少々反発を覚えつつ、薬局の方できいてみると、
「お薬のめたね」で飲ませるのがいいとのこと。
350円で購入し、帰宅後さっそく試してみましたが、
用心深い息子はまったく口にしてくれませんでした。

そうこうしているうちに、
タミフル投与条件の48時間が過ぎてしまい、
タミフルの使用は断念。
ひたすら添え乳で寝かし続け、
水分を補給しながら熱が下がるのを待ちました。

で、3日目。
高熱は下がったのですが、体に発疹が!
病院に連れていくと、
「熱で発疹が出る場合もありますから、
 現段階ではなんともいえませんね」
という話。
家で様子を見ることになりました。

ところが。
息子の機嫌が悪い悪い。
何かというと、怒ったように、
「あ゛― っ!!」
と叫ぶ。

絵本を見せたり、おもちゃで遊んだりして笑顔が出ても、
その笑顔が10秒ともたない。

おっぱいを30秒に一度ほしがり、
おっぱいの出にも味にも文句をつけてくる感じ。

発疹が出て機嫌が悪くなるって、
よくきく突発性発疹じゃ・・・?

と思ったものの、
インフルエンザの検査では陽性と出てるし、
病院でも突発性発疹という可能性はまったく指摘されなかったし・・・

一応、ネットで突発性発疹を検索すると、
「少々機嫌の悪くなる子もいます」
という記述。

少々?
息子のこの機嫌の悪さは少々なんてもんじゃない。
じゃ、やっぱり違うのかな。
それとも、他にどこか悪いところがあって、
それで苦しくて、こんなに泣いたりわめいたりしているのかな?

そんな風に不安に思っていると、ママ友から電話が。
息子のわめく声をきいて、やっぱりあまりにも変だよね、ということに。
夜でもやっている評判のいい病院を教えてもらい、
主人が仕事から帰って来るのを待って連れて行きました。

すると・・・
やはり突発性発疹

近所の病院でインフルエンザと診断されたことを伝えましたが、
インフルエンザ突発性発疹と両方かかることもあるという話。

インフルエンザ突発性発疹も、かなりキツイ病気のはず。
2つ同時に乗り越えた息子の頑張りを褒めまくりました☆☆☆

ちなみに、タミフルを飲ませるのには、
・イチゴジャムに混ぜる
・アイスミルクに混ぜる
・チョコアイスに混ぜる
のがいいらしいです。

そして、混ぜたらすぐに飲ませること。
時間がたてばたつほど、まずくなるらしいですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
  
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/257-874df49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。