手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
2011年7月29日の夜の出来事。

洗い物とか片付けとかをしている間、
息子に、GyaO!の無料動画を見せようと思った私。
久しぶりにサイトをのぞくと、ど根性ガエルが☆

私がよく歌を歌うので、息子もすっかり覚えてしまったのですが、
アニメ自体は一度もみたことがなく、ずっと見たがっていたんです。

これはよかったとつけまして、一話目だけ一緒に見て、
私は洗い物をするため台所に。
しばらくして、片づけをしようと部屋にいくと・・・

20110730_GyaO_1.jpg
泣いてる?!

なんで?どうして???
と思ったら・・・
20110730_GyaO_2.jpg
2話目はぴょん吉がぴょん子ちゃんと別れる話だった!

20110730_GyaO_3.jpg
平面ガエルになってしまったぴょん吉には、
ぴょん子ちゃんと一緒にいることはできない。
だから「お前みたいなブスと・・・」と突き放します。

20110730_GyaO_4.jpg
そこら辺の細かな事情はまだわからないけれど、
とにかくぴょん子ちゃんがいなくなってしまうことを嘆く4歳1ヶ月の息子。

なんとかなだめながら2話目は見終えたのですが、
このまま一人でど根性ガエルを見続けることは難しいと判断。
もうひとつ、前にも見て大好きになったマキバオーが
1話目から再スタートしていたので、そちらを見せることに。

私はその隙に片づけを進めていましたが、
しばらくするとまた・・・

20110730_GyaO_7.jpg
泣いてる!

20110730_GyaO_5.jpg
実はマキバオーも悲しいシーンが多いんですよね。

20110730_GyaO_6.jpg
1話目は特に、マキバオーが母のみどりこと離れ離れになるシーンがあり、
「なんでたれぞうのお母さん、行っちゃうのぉ・・・?」
4歳1ヶ月の息子には借金問題はやはり理解できず・・・

でもとりあえず、私の家事は終わらせることができたので、
その後は布団の中で、ど根性ガエルとマキバオーの楽しい話をして、就寝。

翌朝、息子の目が腫れていたのはいうまでもありません☆

でも息子の情緒面の成長にすごく驚きました。
まだ4歳になったばかりなのに、
映像を見て、登場人物にあそこまで共感できるものなのですね。

家族や友人関係なども、きっともういろいろと感じ、
考えるようになっているんだろうなぁ。

息子の心が豊かに、伸びやかにいられるよう、
出来る限りの努力をしなくっちゃ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓またまた青汁☆
九州の大麦若葉など安心素材でお野菜補給♪漢方老舗の青汁サンプル10日分を70名様
img_1736656004df705e86ed70.png
漢方の老舗・健康サイト - うらべのうらら

↓すごくオシャレなサンダル発見☆
大人きれい系サンダルモニター大募集♪真夏も初秋もお出かけが楽しくなります♪♪
img_product_6020573854e045246db542.jpg
レディースサンダル激安525円~♪♪

↓本当に履くだけで筋トレになるの???
はくことで筋トレ・腰サポート★ムレない夏用ガードル「サポトレサマー」【5名様】
img_3770376044df5f425a7ca5.jpg
”美と健康” 株式会社シャルレ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とっても感受性豊かですねぇ☆
素直で思いやりのあるお子さんなんですね!
自分の子供がテレビ見て泣いてたら
すっっかりもらい泣きしちゃいそうです!
2011/08/01(月) 20:20 | URL | ころすけママ #-[ 編集]
1年位前、3歳になった頃から、
ドラえもんを見ていて、
ジャイアンの暴力シーンや
強盗が出てくるシーンになると、
怖いと言って私の後ろに隠れたり、
悲しいシーンになると
悲しいからもう見ないといったり。
そんなことはあったのですが、
泣きながら見続けるというのは初めてだったので、
すごく驚きました☆
テレビを見ながら泣く姿がとてもかわいかったので、
また何か悲しいものはないかと探している、
ちょっぴり酷い私です☆☆☆
  
2011/08/03(水) 07:01 | URL | みちこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/510-556cc18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック