手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
かねてから公開していますが、私は元高校教師です。

子どもの頃から好きなことといえば絵を書くこと、文を書くこと。
小学生の頃は画家、中学では絵本作家兼挿絵画家、
高校では小説家になりたいと思ったこともあります。

でも、画家にしろ文筆家にしろ、
仕事としてやっていくというのは困難極まりない。

教師になったのは、子どもたちが好き、教えるのが好きというのもありますが、
作家業では食べていけないという、そんな事情もあるわけです。

ところが。
今という時代、ネットの普及により、
プロのライター気分を味わえるんですよね。

嬉しい限りです。

どういうことかといいますと、
記事を書くことで報酬がもらえちゃうんです。

こういうサービスを提供しているところはいろいろありますが、
たとえば年間6万5千記事の作成実績ある記事作成サービスではこんな感じ。

「テーマに沿ったオリジナルテキストを、ライターが作成する」

でもなんでこんなサービスがあるのか。

ウェブサイトにとってテキスト記事コンテンツは非常に大切なもの。
でも、大量のテキストコンテンツを自社で作成するのは莫大な時間がかかります。
そして、SOHOなどといった外注に依頼をすると
煩わしいやりとりが必要となるだけでなく、費用もかかってしまいます。

しかし、テキスト記事作成サービスは、
「テキスト記事作成」に特化したサービス。
数十人~数百人規模のライティング経験豊富なライター、
つまりは今記事を書いてる私のようなものですが、
そういった人たちが、テーマに沿った記事を大量に作成します。

要するに、
文章を書くのが大好きな人間が、
すべて手作りで書き上げる記事。
文章を書く人間としては、
書いたものが否認されるなんてプライドが許しません。
承認されるべく、心をくだいて記事を書きます。
つまり、安価なテキスト作成サービスにありがちな、
機械的に生成されたテキストとはわけがちがうわけです。

しかもライティングだけでなく、
その記事のチェックも人の手によって行われます。
だから高品質!高クオリティ!!

会社としてはテーマを決めて注文するだけなので、
最短5営業日で納品ということになります。

テーマ、文字数(400文字・600文字)、記事数(100~2000記事)を決めて、
申し込みフォームから申し込むだけというように、
利用の仕方も簡単。

私が書いた記事が、どこかの企業に採用され、活かされる。
そう考えると、たまりませんね。

書く側としては、悪徳商法あふれる在宅ワークとは違い、
自分のペースで書きたい記事をコツコツと書いていける。
そして企業側としても、わずらわしいことなしに、
望んだ記事を手に入れられる。

書き手にも、企業にも嬉しいサービス。

私の書いた記事が一つでも多く採用されるよう、
ますます文章に磨きをかけていきたいと思います!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/749-3ee18cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック