手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
バッチフラワーレメディというのは、80年近く前、
1936年に医師であり、細菌学者・病理学者でもあった
イギリスのエドワード・バッチ博士が考案した花療法です。

フラワーエッセンスと呼ばれる、花の持つエネルギーが転写されたエッセンスを
体の中に取り入れることで、不安や否定的な感情といった
心のバランスの乱れを調整し、癒してくれるというものです。

直接身体的な病気、病状に作用するといった医薬品ではなく、
心の状態が改善されることによって、
個々の人間・動物に本来備わっている自然治癒力がもたらされると言われています。

高名な医師であったバッチ博士は、患者の訴えをきくうち、
従来の診断法・治療法に限界を感じ、自身で新しい治療法を模索しはじめました。
そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに着目。
バッチ博士は特定の感情や精神状態をなだめるのには特定の草花が有効であることを体系付け、
38種類(レスキューレメディを含めると39種類)からなるバッチフラワーを完成させます。

植物の癒し効果については、今も解明されていませんが、
バッチフラワーレメディは今では、イギリスだけでなく、
アメリカ、ドイツ、フランスなど60カ国以上に輸出され、
世界中の人々に愛用されています。

このバッチフラワーレメディを私がはじめて使ったのは、
もう10年以上前のことです。
そのときは友人から購入したのですが、
お酢の味がしたのを覚えています。

その後、しばらく使っていましたが、
それほどの必要性を感じなくなったこともあり、
購入・使用をやめていました。
でも縁があるらしく、最近また使うように。

その、最近使っているレメディに関する記事はこちらになります。
フラワーレメディ  レスキュージェル

さて。
上にあげた二つの記事でも紹介していますが、今、私が使っているレメディは
チェリープラムとレスキュージェルで、どちらも
「バッチフラワーレメディ正規販売店『フラワーレメディ』」さんのレメディです。

フラワーレメディ

この「バッチフラワーレメディ正規販売店『フラワーレメディ』」さんでは、
ネットでアンケートに答えていく要領で、陰陽五行性格診断をすることができます。
レメディの選択はその時々の感情に合わせてというのも1つの方法ですが、
感情の基盤である性格や気質を把握してレメディを選択するのもいい方法といえるからです。
実際にレメディを購入するかどうかは別として、
ためしに、バッチフラワー 診断で自分の気質を読み解いてみてはいかがでしょう?

ちなみに、世界でもっとも使われているレメディは
レスキューレメディだそうです。
このレメディは、乱れた心のバランスを、そして落ち着きを取り戻すための手助けをしてくれます。
今の時期、4月からはじまる新生活に、プレッシャーを感じている人も多いはず。
「新人の挨拶」などでも、リラックスできるように、
今のうちにとりよせておくのもいいかもしれません。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
レビューブログからの紹介です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/781-7fd94f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック