手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
鳥肉が大好きな私は、照り焼きチキンをよく作るのですが、
食べてくれたひとみんな、「おいしい」と言ってくれます。
嬉しい一方、簡単すぎるので恥ずかしいんですよね。

今回は、その照り焼きチキンの作り方を紹介します。

必要なものは、
・鳥モモ肉
・醤油
・料理酒


まず、鳥モモ肉をフライパンに並べます。

teriyaki_1.jpg

こんな感じ。

火をつけてすぐに、醤油と料理酒を入れ、フタをしてぐつぐつ煮ます。

醤油と料理酒の量は適当で、私はいつも鶏肉の色を確認しながら調整しています。
今回、試しにはかってみたところ、鳥モモ肉四切れに対し、醤油115g、料理酒20gでした。

teriyaki_2.jpg

結構火が通ってきたら、ひっくり返してフタをし、さらに煮詰めます。

teriyaki_3.jpg

用心深い私は、3回くらいひっくり返して充分な加熱をします。

焦げそうになったら、水を入れてみます。

焦がしてしまったときは一度水で洗い流し、もう一度醤油と酒を加えて煮ると
だいたい大丈夫な場合が多いです。(←このいい加減さが美味しさの秘訣!多分・・・)

いい感じの色がついたら、火を止めて冷まします。

teriyaki_6.jpg

常温になったら肉とタレを別々の入れ物に入れて、冷蔵庫で冷やします。

タレをなぜ冷蔵庫で冷やすかというと、
タレは充分冷えると分離して油を取り除きやすくなるからです。

teriyaki_7.jpg

こんな感じ。

teriyaki_8.jpg

油をとりのぞきました。

鳥肉を冷蔵庫で冷やすのは、切りやすくなるからです。

teriyaki_9.jpg

こんな感じ。

冷やさないで切ると、ボロボロになります。


肉のみをパンにはさんでサンドイッチにしたり、
ラーメンにチャーシューの代わりに入れたり、
細く切って、冷やし中華の具にしたり。
タレと肉を合わせてご飯にのせて照り焼きチキン丼にしたり。
タレのみをご飯にかけて食べたり。

おいしいですし、冷蔵庫で5日はもちます。
うちでは1週間は普通に食べています。
また冷凍保存もできますので、セールのときなどに大量に買いこんで作りおきするのも手です。

どうぞ、お試しください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これ↓ぐるなび市場のお米
 

テレビ雑誌で話題の【生七味】を食に拘るあの方へ贈りませんか?
今なら7大特典付きで早期ご予約受付中!

 


 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/81-f997b95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック