手づくり玩具・お出かけスポット・子どものイヤイヤ攻略法、絵のこと、国語のこと、各種節約法その他。
昨日は幼稚園の保育参観でした。

体操やダンス、鉄棒や跳び箱ジャンプ、
フォークダンスにジャンケンゲーム、
ピアニカ演奏など、息子が頑張ってる姿に感動。
いつも報告してくれる通り、
とても上手にできるようになっていました☆

教室の壁には子どもたちが描いた、公園の絵がずらり♪
息子(4歳11ヶ月)のもありました☆
20120601_musukonoe_takadaikouen.jpg

うんうん、相変わらずよく描けてる。
タテの線とヨコの線のリズムがいいね。
ところどころにある、曲線も、
ほどよい変化を生んでいて楽しい。
色も、赤・オレンジ・ピンクに対し、
緑と黄緑が力強く響きあってます。

・・・と、ここまでは良いこと。
褒めましたよ、たっぷり。
でもね、最後の最後で悪いこと。
 
 
 
子どもたちが輪になって、
先生のピアノ演奏にあわせて、
ぬいぐるみをまわしていくというゲームがありました。
すると、やんちゃな男の子が数名、
ぬいぐるみを床に置いてなぐってからまわす、
という行為をし始めたんです。
そして、まさかと思ったのですが・・・
息子もやった!

・・・目を疑いました。
でも確かにやった。
悲しいですね。
私の目には、友だちを集団リンチしている図にうつります。

ゲームの最後で、保護者も子どもたちとゲームに参加、
ということになり、息子のそばに行って、すぐに話しました。

「いつもああやって、人形をなぐってるの?」
するとはっとした顔になり、答えました。
「んん、いつもじゃない」

私 「ぬいぐるみに何かされた?」
息子「ぬいぐるみ、いつもボクのところでとまってくれないの」
私 「それはぬいぐるみのせいなの?」
息子「違う」
私 「そうだよね。
   ぬいぐるみは何も悪いことしてないよね。
   何も悪いことしてないのに殴られて、
   ぬいぐるみはどんな気持ちだろう?」
息子「かなしい気持ち」
私 「自分がぬいぐるみたちに殴られたら、どう?」
息子「イヤだ」

そんなことを話してる間に、
ぬいぐるみが回ってきました。
叱られて、しゅんとしてる息子に
「ちゃんと殴ってごめんなさいって謝りなさい。
 それから、仲なおりのギューしてあげたら?」
そう促すと、息子はぬいぐるみに頭を下げ、
ぎゅっと抱きしめてから、隣の人に回しました。

それからまもなく、降園となり、
公園にはよらずに家へ。
家に帰る道の途中で、ぬいぐるみのことをまた話し、
悲しかったと伝えました。

さらに帰宅後、家のパソコンに参観で撮った画像と動画を移し、
息子がぬいぐるみを殴ってるところを見せました。
「ほら、意地悪ジャイアンがいるよ。
 前にお友だちに絵が下手だっていわれてイヤだったんだよね?
 でも、それと同じだよ。
 こんなことする子と、お友だちになりたいと思う?
 お友だちはみんな、自分も殴られるんじゃないかって、
 心配で寄り付かなくなっちゃうよね」

それから、バス&電車で大通に向かいました。
そのバスと電車の中でも、
「今日は幼稚園で頑張ってる姿を見ることができて、
 嬉しかったなぁ・・・
 でも最後の最後で、ぬいぐるみイジメるの見て、
 悲しかったなぁ・・・」

大通につき、紙のお店に行き、紙としおりの紐をゲット。
その後、おもちゃ屋めぐりに。
そして喉がかわいて、水を飲むとき、
おなかがすいて何か食べるときを狙い、
「あんなことするなんて、悲しかったなぁ・・・」

我ながら、しつこいですよね。(笑)
でも、その日一日だけはしっかり、叩き込みたかったんです。

で、帰宅後。
もう一度、映像をみせて、再確認。
「もう、明日から言わないからね、もう一度いうよ。
 こんな風にぬいぐるみを殴る子、私はキライ。
 ぬいぐるみも可哀相だし、ぬいぐるみをつくった人も悲しいよ。
 それに、やさしいお友だちが離れていって、
 乱暴なお友だちばかりになるから、殴った人も悲しいことになる。
 だから、○○(息子の名前)がして、本当に悲しかった。
 もうしないね?」

すると息子は泣きながら、こう訴えました。
「じゃあ、みんなが殴ってるときも、ちゃんと叱って!」

そうだよね、
至極もっともな意見です。
でも先生がいる前で、保護者がいる前で、
それはさすがにできないので、
こう約束しました。
「じゃあ、今度公園でお絵かきするとき、
 ぬいぐるみ殴った子には貸さないっていうね。
 ぬいぐるみ殴る子はキライだから、絵の具も貸さない。
 でも、もう殴らないって約束するなら貸すってことにする。
 それで、どう?」
すると「うん、わかった」と納得してくれました。
「でも○○(息子の名前)も、もう殴らないって約束してくれないと、
 これから絵の具、貸してあげられないなぁ。
 約束できる?」
「約束できるかどうか、今わからないから、
 よく考えてから明日返事する」

返事を先送りにしたのは、せめてもの反抗のようです。(笑)

さあ、今日からはもう、蒸し返さないぞ!
そして公園でのお絵かきのときは、
息子との約束どおり、他の子にも言い聞かせないとね☆☆☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
EGF Silkeyで実感マイナス5歳肌!!美容液現品モニター募集
乾燥・シワ・シミ・たるみ | EGF Silkey  EGR マイナス5歳肌


☆ナイツプロデュース☆新商品『Newナチュラルせんたく洗剤』先行モニター募集♪
ブルーベル株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

そうそう。そうなのですよね。
息子だけ叱ると「他の子も同じことしているのに、どうしてボクだけ叱られるの?」って言うのですよね。

その場に、先生やその子の親が目の前いる時は、さすがに・・・ねぇ・・・(^。^;)
いないところでは全員まとめて
「ダメ!」って言いますが・・・。

「皆もやってる」という、言い訳はいまだにするので、
何度も何度も色々な言葉で説明するけれど、なかなか難しいです。
みちこさんはとてもわかりやすく伝えていてさすがだなぁ。って思いました(^-^)
成長とともにどんどん手強くなってきていますが、
根気良く頑張らないとなぁって、感じました。
2012/06/02(土) 10:08 | URL | ひいち #-[ 編集]
しっかり描けた迷いのないタッチ♪

本当に上手ですね(*^_^*)

叱るのって難しいですよね・・・

うちの子も叱るとみんなもしてると。

仲のいい友達の子になら平気で叱りますが、どこの子かも分からない子もたくさん・・・

みちこさんの教育は本当に勉強になります☆

ダメな事はダメ!って事をしっかり教える事が大切ですよね。
2012/06/02(土) 13:21 | URL | じゅいき #-[ 編集]
すごいですよ!!天才ですよ!!

↓ 日程と時間さえ合えば色々と参加させてくださいね!!
2012/06/02(土) 17:25 | URL | よっちママ #-[ 編集]
 こんばんわ。
 そういえば会津藩の幼年学校では基本的な教えとして「目上の方を尊敬し、卑怯なことをしない、弱いものいじめはしない」ということを教えており、現在も会津の子供たちはこの教えをまず教わるそうです。
 お子さんがもうちょっと大きくなったら武士道というものを教えられるのもいいのではないでしょうか?
2012/06/02(土) 18:37 | URL | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
息子さんの絵、とっても上手ですね(*^^)v

ぬいぐるみのことは、私なら帰りにちょっと注意するだけで済ましちゃうな~(^_^;)
きちんとされてますね~!
2012/06/02(土) 19:54 | URL | ぱーくまま #-[ 編集]
ダメな理由、1つだけだと
良心の縛りがゆるくなるので、
必ず3つ以上、あげるようにしています。
3つあると、どんな状況下でも、
良心をうまく支えられると思うんですよね。

成長するにしたがって、どんどん大変になっていくと思いますが、
やっぱり根気強く、繰り返し言い聞かせていくしかないですよね。
私も頑張ります☆
2012/06/03(日) 06:53 | URL | みちこ #-[ 編集]
「ダメ!」ということを理解させるには、
やっぱりどうしてダメなのか、
その理由を教えるのが、大切だと思います。
そしてそれはいろいろな視点で、
多角的に、重層的に説明するのが一番。
そのためにも親は、そして教師は、
引き出しをたくさん持ってた方がいいですよね。
2012/06/03(日) 06:58 | URL | みちこ #-[ 編集]
ありがとうございます。
息子の絵、前からいいなーと思っていたのですが、
最近、ますます本格的になってきました。
筆にも慣れてきたようです。

講習会、参加いただけたら大変嬉しいです!
いろいろよろしくお願いいたします☆
2012/06/03(日) 07:01 | URL | みちこ #-[ 編集]
武士道、器が大きくなりそうですね。
ちなみに剣道とか、やらせてみたい気がします。
2012/06/03(日) 07:06 | URL | みちこ #-[ 編集]
人って一人では悪いこと、なかなかしないものだけど、
集団になると、簡単にするようになるじゃないですか。
今回のもソレだと思うんです。
そしてそういう人が、集団リンチとかいった事件を起こす。
息子にはそんな悲しい事件の被害者はもちろん、
加害者にもなってほしくないので、
念には念を入れた感じです☆
2012/06/03(日) 07:12 | URL | みちこ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/04(月) 08:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://michikomichi.blog104.fc2.com/tb.php/908-f061a53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック